11
1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はぐと一緒に夏の裏磐梯へ……最終回

8月6日から8日までの2泊3日、はぐと一緒に裏磐梯の旅に行ってきました……の最終回です。

予告通り、ほぼ写真集で一気に最後まで行っちゃいます!
サボりすぎて、もう1ヶ月前の話になっちゃったので、その後の記事も書かなきゃなので(^_^;)

hug_568_convert_20170816123820 (2)
今日もまた、丘の上のペンション「ぐーたらパパ」のダイニングでぐーたらしているはぐ(笑´∀`)

夕食のメインを一気にご紹介♪
hug_561_convert_20170816123503 (2)

今日の魚料理♪ カジキ?だったかな?
hug_567_convert_20170816123648 (2)

ハンバーグのパイ包み♪
hug_572_convert_20170816123949 (2)

部屋では……今日はこの場所がお気に入り♪
hug_577_convert_20170816124057 (2)

3日目の朝のお散歩♪
hug_590_convert_20170816210628 (2)

はぐはラベンダーが大好き♪
hug_608_convert_20170816211040 (2)

今回は、長く太平洋側に留まっていた台風5号の進路と重なる可能性があったため、出発前からいろんな予定を考えていました。でも、私が裏磐梯に行って思ったことは、やっぱり私とはぐの晴れ女ヂカラが半端ないんじゃないかということ(´∀`)根拠のない自信ですが(笑)

それでも、はぐが一緒だし、チェックアウト後、荷物を預けて遊びに行っていて、万が一、大雨にでもなったとき、バスもタクシーもほとんどないのに歩いてペンションまで戻るのは大変だなぁと思ったので、前日から最終日の過ごし方をいろいろ考え、奥様にも相談していました。

結局、オーナーさんのアドバイスとご好意で、桧原湖側の五色沼入口まで送っていただけることになったので、道の駅あたりで荷物を預けて、付近で遊び、適当な時間にバスで猪苗代駅に戻ることにしました。

hug_612_convert_20170816211350 (2)

ゆっくりとチェックアウトを済ませて車で送っていただき、いざ、道の駅でロッカーに荷物を入れようと思ったら、はぐの簡易ケージが入るような大きさのロッカーがありません。「ありゃりゃ」とか思いながら、何処かに大きなロッカーが無いかと、お店のお小父さんに聞いてみたら、「いいよ!荷物、預かってあげるよ!無くなってもいいなら(笑)」と言ってくださいました。

4009DB5E-BE15-4698-B081-88466D8BAC56_convert_20170906201110 (2)
小父さんのご好意に甘えて、身軽になって出発です。

はぐ、おしっこしているみたいです(笑´∀`)
hug_616_convert_20170816211530 (2)

流石に、台風の影響で、時々、雨が降ったりもしましたが、傘をさしたのは3日間で15分くらいだったかな?本当にラッキーなことに、深夜とか、お店に入っている時とか、観光船の中とか、森の中とか……とにかく運がいい私たち(๑˃̵ᴗ˂̵)

主役は蝉の抜け殻(笑´∀`)
hug_651_convert_20170816212656 (2)

この後、まずは奥様にすすめられたペット可の遊覧船の時間を見に行ったのですが、スッタフさんから、「こんなお天気だから、まだ誰も来なくてね〜」と言われ、「付近で遊んでいるので、また探りに来ます!」と伝えて少しだけ森の中ではぐを遊ばせてから、お茶しに湖畔に戻ると、なんと向こうの方から遊覧船乗り場の小父さんが私たちを呼びに来てくれました。

hug_658_convert_20170816212840 (2)
「今ね、ホテルからお客さんが2人来たから、船、出すよ!」

嬉しいですね〜!たった3人のために出してくれるそうです!向こうの2人(熟年夫婦)は私に感謝し、私は2人に感謝ですね〜!物好きが3人揃った訳です!

hug_676_convert_20170816213536 (2)

遊覧船は予想以上によかったです。裏磐梯周辺の歴史から、周辺の山々の話、昔話と、放送も飽きることなく30分間、最初から最後まで楽しめました。

1C11F4DD-F3B6-4547-AE50-C4EF57374D00_convert_20170906201004 (2)

途中、雨が降ったり止んだり、雲が流れたり、青空が見えたりと景色は目紛しく変わり、でもひんやりとした風が心地よく、人工物の見えない神秘的な風景が、まるでタイムスリップしたかのような、ちょっと不思議な気持ちにさせてくれました。腕の中にいるはぐも、時々、私の顔を見上げては、「ねぇ、とってもステキだね」と言ってくれているようでした。

桧原湖畔のヨモギをひとつまみ(^_^;)
hug_681_convert_20170811205411 (2)

1時近くになっていたので、桧原湖畔にあるペット可のお蕎麦屋さんに入ることにしました。

hug_685_convert_20170816214012 (2)
一階の店内もペット可というのは本当に嬉しいものですね。

天ぷらそば
hug_697_convert_20170816214136 (2)

ずんだ餅とコーヒー♪
hug_700_convert_20170816214320 (2)

お店のおば様はとても気さくな方で、たくさんお喋りをするなかで、「少しだけずんだ餅が食べたい」という私のために、三分の一の量で注文を受けて下さいました♪

hug_712_convert_20170816214425 (2)
ワカサギの天ぷらも食べたかったので、残した分は持ち帰り用にして下さいました♪

ゆっくり過ごせたので、そろそろ五色沼入り口……あ、ここから猪苗代駅直通のバスが出ていなかったので、一旦、タクシーで五色沼入り口に向かい、最後にもう一度、五色沼散策をしてから駅に向かうことにしました。

荷物を預かって下さった小父さんのお店中心にお土産を買って、楽しくおしゃべりをしているなかで、「どうやって帰るの?」と聞かれたので「もう少し時間があるので、今からタクシーを呼んで五色沼入り口に行って……」と答え始めると、「そんなのもったいないよ!あ!ほら、今来たあのバス、運転手が知り合いだから、五色沼に停まるか聞いてきてあげるよ!大丈夫!大丈夫!知り合いだから、停まってくれるはずだから、荷物を持ってゆっくりおいで!」と言い残して、走って行ってしまいました(笑´∀`)

私が笑いながらはぐと荷物を持って追い掛けると、お店の小母さんが「大丈夫よ、ゆっくり行きなさい。危ないからね~」と笑っていました。

なんか、いいですね。本当にみんないい人ばかり。
そういえば、おそば屋さんの小母さんも、荷物くらいいくらで預かってくれるって言っていたな……

そんなこんなでちょっと慌ててバスに乗り込んだもので、はぐのキャリーバッグの口がしっかり閉め切れておらず、さらに大荷物だったこともあり、入り口付近でキャリーが椅子に引っ掛かって斜めになり、前に座っていた小父さんの膝の上に、面白いくらいに上手にはぐが跳び乗ってしまいました(^_^;) 

みんなが「あ!うさぎが飛び出してきた!」と大笑いしてくれたからよかったものの、動物嫌いの方がいたら大変だったなと反省しましたが……今、思い出しても、やっぱり笑ってしまう出来事でした(笑´∀`) あ、はぐが跳び乗ったおじ様には、下りる時にもお詫びしましたよ(^_^;)

五色沼ビジターセンターのクマ情報!
hug_746_convert_20170820145652 (2)
昨日は山に行っていたから仕方ないけれど、沼を泳いで渡っているクマさん?ちょっと見てみたかったかも(*^-^*)

こちらは予め調べておいたのですが、五色沼ビジターセンターのコインロッカーに荷物を入れて、最後にまた、4時過ぎの猪苗代駅行きバス出発の時間いっぱいまで五色沼付近を散歩しました。

733865A0-5A16-40DD-BCA6-7DF22F3BADB2_convert_20170906214710 (2)

hug_715_convert_20170817212914 (2)

E41F207F-A602-4000-BE04-9C3FD99B0DC2_convert_20170906214833 (2)

猪苗代駅の待合室でバスを待つはぐ♪
hug_751_convert_20170820145857 (2)

実は、最後に、バスに乗る直前にも、もうひとつ素敵な出会いがありました。同じバスで東京に帰るお父様を送ってきたおば様。お二人とも動物好きで、リード無しでバス停前で私から離れずに待つはぐをとっても可愛がって下さり、近くで数種類の野草を摘んできて下さいました。はぐの大好物のヨモギにラベンダーにミントにタイムを袋にいっぱい詰めて、「はぐちゃんのバスの中でのおやつにしてね!」と(^^)

このおじ様は、休憩の時や下りる時にもはぐを気にかけて下さり、最後の最後まで、本当に素敵な方々に助けられて、最高の裏磐梯への旅となりました。

本当に長くなってしまいましたが、旅先での素敵な出会いと別れは、私たちの一生の宝物になります。書けるだけ書いておきたいなぁと思っていたので、これでスッキリしました!他にも、本当に多くの方々と出会い、はぐをいっぱい可愛がっていただきました。

またすぐに行きたいと思える新しい思い出の場所、裏磐梯……はい!きっとまた近いうちに遊びに行くことになると思います!
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

No title

毎回思うのですがはぐちゃんはうさぎさんじゃなくて
もう立派な一人の人のようですね~。
一緒に旅を楽しんでいる様子が伝わってくるわ。

小父さんの膝に飛び出しちゃったのははぐちゃんも小父さんも
ビックリだったでしょね。
何事もなくてよかったわ。

No title

旅行お疲れ様でした。
裏磐梯楽しかったようですね。
記事も超大作でしたね。

心配していた暑さもなく、雨も大丈夫だったなら
本当にラッキーでしたね。
へたうまさんもはぐちゃんも持ってるなぁ~(^^)

こうして旅の記録をブログに残しておくのもいいですね。
私いつどこに行ったかとかすぐに忘れちゃうので。
良い思い出は忘れないようにしたいですよね💛

(^^)

こんにちは(^^)凄くいい思い出ですね~旅行したくなっちゃい

ますね?これだけ親切な人が多ければ(^^)はぐちゃんの表情も

可愛いし!満足なんだろうな~(^^)

こんにちは

出逢いや交流がステキ過ぎて、読み終わる頃には感動していました。
はぐちゃんとへたうまさんのお人柄お兎柄なんでしょうね。

春にモモと初めて旅行に行ったけど、あくまで旅行って感じで(^-^;)、はぐちゃんとへたうまさんの旅という感じに憧れます。

それにしてもはぐちゃんの体力!すごいですね。私の方がバテそう(笑)
(へたうまさんの旅行荷物もどんな感じか気になりますσ(^_^;))

毎回お洋服も似合ってて可愛いくてステキだったよ!
はぐちゃん♡

No title

ステキな旅でしたね~!!
はぐちゃんが一緒じゃない、一人旅とかだったら
ここまで他人とかかわりあうこともないんじゃないかな?
ふたり一緒だから、お天気も味方してくれるし
よい人たちにも巡り合える!
本当に、へたうまさんとはぐちゃんって
最強のコンビですね~^^

はぐちゃんに、お膝に乗られちゃったおぢさま
きっとあちこちで、お土産話をしていらっしゃることでしょうね!^^

裏磐梯、この次は紅葉のころかしら?
楽しみにしています~^^

はぐちゃん遊覧船に乗ったんですねー(^-^)すごーい!

はぐちゃんは、ゴンドラも乗るしほんとにアクティブなうさぎさんですね。
そこからみえる風景や風も、日常とは違うもの。それをとても楽しんでいるようにみえます。みてるこちらまで楽しくなっちゃいます(^-^)

たくさんの素敵な出会いの旅ですね。へたうまさんとはぐちゃんはきっと人を引き寄せる力があるのでしょう。(いつも引き寄せてます!)そして、みなさん温かくて、ほんとにじーんとしてしまいます。はぐちゃんに野草のおやつをくれた方とか、私にくれたわけでもないのにきゅんとしてしまいました♡その方の気持ちがとてもうれしいですよね。

まーずさんへ

はぐもすっかり新しい刺激が気に入っているようで、上手に探検を楽しんでくれているように見えますね(^^)少なくとも、ストレスを溜め込むことはないんじゃないかと思っています(笑)

はぐは私の友達や、優しそうな人がいると、抱っこして欲しくて腕の中によじ登りたがるタイプなので、道を歩いていても、隣で友達が「はぐ、こっちに来る?」と声を掛けると、ヒョイと移ったりするのです。この時も、斜めにして落ちるような開き方ではなかったので、多分、小走りしたことでキャリーの中で振り回されて、外に出たくなってしまったんだと思います(^_^;) 笑っちゃうくらいに、スッポン!という感じで飛び出したんです(笑)バスの一段上がった前の席ですから、飛び降りたというよりは乗り移った感じで、それがまた大笑いの原因でした(笑)

ナオミさんへ

もう一ヶ月も経つのに、ブログを書き切ったことで、まるで昨日までの出来事のように感じてきました(^^)

初めての場所ではうさぎOKのペンション探しや下準備?調査?などが必要で、一人の時のように行き当たりばったりという訳にはいかないけれど、その分、頑張った甲斐があります(^^)暑さと雨の問題もなかったですしね!

私がとにかく昔から晴れ女なんですよ!まぁ、多少の雨は気にしないというのあるのかもしれません(๑˃̵ᴗ˂̵)日頃から、多少の雨でも、気にせずはぐと出掛けちゃっていますしね(笑)

私は時間があると文章を書いているので、日頃からiPhoneやiPadに日々の出来事なんかを残しているんです。それが膨大になる前にブログにアップしておいた方が振り返りやすいし、その時の心身の状態が分かったり、細かい経緯ややりとりなんかを残しておくと、その方の表情や声まで蘇ってきて、結構、楽しめるんです(^^)
もちろん、ブラックへたうま全開だとアップ出来ずにそのまま残るだけですが(笑)それを読むのも好きなんです(笑)

シオンパパさんへ

今回も本当に楽しかったです!
私は誰とでも話ができるタイプで、しかも、一人旅だからといって、そっとしておいて欲しいというタイプでもないので(笑)、どこに行っても、いつもこんな感じなんですが、今回は本当に素敵な人ばかりに出会って、しかも濃厚なコミュニケーションが取れたので、いつも以上にしっかりと残しました(^^)
はぐもみんなに可愛がってもらえて、とっても幸せだったと思います!

ふた葉さんへ

私は持って生まれた性格に加えて、以前の仕事の関係もあるのですが、一人旅が多く、しかも出会った人と積極的に話すというのが当たり前なので、いつもこんな感じの旅になります(^^) でも、その中でも、今回は本当に素敵な人ばかりに出会い、楽しさ倍増でした!

「兎柄」笑っちゃいました(๑˃̵ᴗ˂̵) でも、私も自分で言うのもなんですが(笑)、人あたりはかなりいい方で、あと、友達に言わせると、美人じゃないところがいいんじゃないかと(^_^;) 若い時からそう言われていました(笑)

モモたんとの旅行記、読みたかったです!
はぐの体力?飼い主の体力と併せて、かなりあると思います(笑)あと、復活が速いのも自慢です(๑˃̵ᴗ˂̵) はぐは昔から心臓が悪かったからなのか、無理はしない子だったので、上手に復活できるのかもしれませんね(^^)

はぐにとって、ハーネスは消耗品なのでどんどん変わっていきます。デザインはすっかり定番になってしまいましたが、これからも安全第一でいきたいと思います!

りおんさんへ

本当にいい旅でした!
はぐがいるから、より盛り上がるというのはあるかもしれませんが、実は私、一人旅でもこんな感じなんですよ(笑)はい!国内外問わず、昔からずっとこんな感じです(笑)どんな話でもきっかけにして、隣り合った人、すれ違った人とも、どんどん話しちゃうタイプです(๑˃̵ᴗ˂̵)でも、今ははぐがいるから、もっともっと楽しく感じるのかもしれませんね(๑˃̵ᴗ˂̵)
最強のコンビと言われると、本当に嬉しいです(笑)

実は、はぐ、バスの中でおじ様のお膝に乗ったというよりは、胸に飛び込んだ勢いでお膝に乗った感じで、おじ様、しっかりとはぐを受け止めてくださったんです(^^) かなり喜んでくださっていたので、お土産話にでもなっていれば嬉しいですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

紅葉の裏磐梯、さすがに混んでいるのでしょうか??
でも、まずは今月末に何処かに行きたいんですが、紅葉シーズン前のところが多く、ゴンドラや送迎バスがお休み中のところが多くて悩んでいます(^_^;)

みーままさんへ

はぐは何にでも乗っちゃいますよ(笑)しっかり抱っこさえしていれば、もう何かを怖がったりとかしなくなりましたね(^^) リフトに乗った時もご機嫌さんでしたしね(๑˃̵ᴗ˂̵)変なうさぎです(笑)

はぐにとっての日常ってなんなんだろう?って考えてみると、もう既に、お出掛けして、ガタガタ揺られて、色んな音を聞いて、人に触られてなんかも、はぐにとっては日常の出来事の1つなのかもしれないなと思います(^^)
私も外出先でのはぐを見ているだけで楽しくなっちゃうんですよ♪

私はあまり込み合った観光地には行かない代わりに、素敵な出会いがいっぱいあるなと感じます。同じような場所を好んで旅する人たちって、きっと趣味が同じだったり、経験値が似ていたり、そんなことも多いんじゃないかと思うんです。だからかな?話が合うんですね!
それに、旅の道連れがはぐですからね〜(笑)
前に記事にも書いたことがありますが、うさぎの一般的なイメージからは大きくかけ離れた人懐こいはぐが元気に山道を走っていたら、そりゃあ面白いと思いますし(笑)、興味も湧いてくると思います(笑)

あ、因みに私は動物大好き人間ですから、相手の方がワンコだったり他の動物を連れていたら、その子たちとのスキンシップも忘れません(๑˃̵ᴗ˂̵) かなり濃厚なスキンシップです(笑)はぐがやきもちを焼くくらいに(๑˃̵ᴗ˂̵)

そういえば、ブログには書かなかったんですが、2日目の湿原散策の時、喧嘩していたちびっこ三兄弟の仲裁を、はぐと私でしたんですよ!三歳の弟ちゃんが超拗ねていて、全然歩かないことでお母さんも困り果てていて、でも、はぐが近寄って行って頭をナデナデできたことで元気になって、上の2人のお兄ちゃんと譲り合ってはぐを可愛がることもできて、丸く収まったという(^^)
お母さんには超感謝され、最後にはぐを抱っこしていただきましたよ!はぐ、うるさい子供はあまり好きじゃないんですが、よく自分から行って慰めたなと思います(^^) エライ、エライ!って褒めてあげました!

おば様にいただいた野草は、帰宅してから、ドライにして、おやつとしていただいています!
Secre

プロフィール

へたうま

Author:へたうま
夢はうさ飼いさんが集うカフェをオープンすること。少し前まで「へたうま英国人」、今はすっかり「へたうまうさ飼い」気分の筆者が、まんまるうさぎのはぐとの日常を綴りながらも、多分、何でもかんでもうさぎに関連させて趣味に走る気がするブログ……

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR