11
1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はぐ、なんとなく不調??の記録②

IMG_4271_convert_20170711212017 (2)

◆20170705
昨晩、あげた野菜のうち、半分程度は食べていた。うんちとおしっこも、決して多くはないが、それなりにしていた。うんちは、多分、数は元気な時と変わらないと思うが、なんせ一粒一粒が小さくて、歪なのが気になるところだ。でも、今日は朝から暑い。今のところ、はぐはまだまだ元気そうに見えるので、もし病院に行くのであれば夕方からにしようと思って免許更新と本を探しに池袋に行くことにした。

慌ただしく時は過ぎ、私は書店に入り浸っていた。まだまだ目を通してから選びたい本を数冊抱えていたため、母に電話をして、はぐの様子を見てきてもらった。

朝の野菜はほとんど残っていたが、母が近寄ると起きて挨拶をしてくれたそうで、元気がないようには見えないと言った。でも、食べなければ、いずれ元気はなくなる。はぐは牧草もきちんと食べてくれるが、その食べた量を母に判断してもらうのは難しいと考え、帰宅し、自分の目で確認することにした。

帰宅後、昨日同様、おやつや野菜などで、はぐの反応を見た。昨日と変わらず、おやつやハーブなど、変わったものはそれなりに食べるが、メインを食べないというのは問題だ。

IMG_4280_convert_20170711212413 (2)

明日から3日間は、就業後、どんなに急いで帰宅しても、病院の開院時間中には間に合わない。かといって、きっと救急というほどではない。本当に救急だとしたら、深夜は不在となるかかりつけ医では不安があるので、近所の救急病院に行くべきだ。また、日曜日は心臓の投薬治療が始まってから初めての心臓エコー検査の日で、その旨と併せて、主治医に相談した結果、病院に行くことになった。

17時前には病院に到着。奥で先生にお腹を触ってもらったはぐは、緊急ではないという判断で、待合室で順番を待つこととなった。

IMG_4278_convert_20170711212138 (2)

実は、お出掛けするにあたり、はぐがものすごく元気になったのが気になっていた。

IMG_4279_convert_20170711212336 (2)

ここのところ、私は休みの日にも予定が入っていたり、天候に恵まれなかったり、暑くてはぐを連れては出掛けられなかったりが続いていた。はぐは私が休みの日には、私の動きを逐一観察しているので、私が出掛ける支度を始めると、準備体操をしたり、そそくさとトイレに座ったりと忙しい。その度に、私ははぐに「はぐは行かれない。お留守番だよ」と言うのだが、なかなか諦めてくれない時もある。そんな不満そうなはぐを可愛いと思いながらも、ふと、拗ねたりしているんじゃないかと思ったりもしていた。

IMG_1280_convert_20170711210127 (2)

そんなはぐは、病院までの道のりで、キラキラした瞳でいつのようにキャリーバッグから、今にも落ちそうなほどに乗り出し、私に「はぐ、ちょっと出過ぎじゃない?ほとんど出ているよ」と突っ込まれては引っ込んでいた。電車の中でもいつものように私の顔をアミアミの中から見上げて、なんか嬉しそうだった。そこにはいつも通りのご機嫌なはぐがいた。

そして、病院に到着してからも、空いていたこともあり、キャリーバッグから出たがるはぐを膝の上に出してあげてお喋りしていたが、はぐは人が好きなので、時々、お隣さんに撫でて欲しそうに何度も何度も延びていった。でも、右隣は猫のオーナーさん、左側には読書してる若い男性。どちらにも迷惑を掛けないように気をつけていた。

IMG_4282_convert_20170711212510 (2)

途中、7年ぶりに会う知り合いのうさ飼いさんがやってきたので、抱っこして撫でてもらった。そんなこんなで2時間が過ぎ、ようやく診察室へ。

IMG_4284_convert_20170711212543 (2)

先週に引き続きの通院だったが、体重の減少はなく、まずはホッとした。腹部、胸部、歯と、不調に関連しそうな箇所を診ていただいたけれど問題はなし。はぐは、元々、おしっこが少なく浮腫みやすいタイプだったことで野菜中心の食生活へと改善したのだが、水分を野菜から摂っていたことでボトルから飲む水の量が著しく低下し、それが日常となっていた。そこで、今回、野菜の量が減ったことで内臓系に影響が出ていないかを確認するため、急遽、血液検査をすることにした。

主治医としては、次の日曜日に予定の、投薬治療が始まってから初めての心臓エコー検査が出来るかどうかを見極めたいという意図もあったようだ。私も、これがはぐのお出掛けできないことへのハンストであって欲しいという気持ちも込めて、更に30分待つことにはなるが、血液検査をすることにした。

はぐは抱っこ慣れしているので、採血が終わると、看護師さんに抱っこされて待合室まで連れて来られることがある。キャリーバッグに入れられて待つよりもストレスもなく、直接、飼い主に手渡されることで、はぐのご機嫌が一気によくなるというわけだ。

30分もしないで検査結果が出たが、オールクリアだった。

こういう時にはいつも思う。原因がはっきりした方が楽だなと。悪いところが見付かるのは怖いけれど、不調の原因がわかった方が対処のしようがあるのは事実。でも、こうやって明らかに「食べない」という状態が続いても、本兎も結構、元気だし……これは本当にただのハンストなのか?

20時過ぎに病院を後にした。主治医のアドバイスに従い、うんちとおしっこ問題を解決するため、はぐが食べそうな野菜を駅ビルで買って帰ろうとしたが、葉物野菜はほぼ売り切れていた。駅ビルの他の店でようやく見つけた葉物野菜をいくつか買い込み、帰宅した。帰りの車内でもご機嫌なはぐ。車内には誰もいなかったので、アミアミの外から遊び相手をしてあげながら、こそっと写真を撮ってみた。

帰宅すると、いつものようにハーネスを外してもらうのをじっと待ち、下ろしたベッドの上から一気にクッション、床へと駆け下り、ケージに戻っていった。トイレかな?と思ったら、なんとほとんど手をつけていなかった野菜をモシャモシャと食べ始めた。「やっぱりお出掛け出来ないことへのハンスト?」はぐにそう尋ねると、はぐはこっちを向いてニヤッとして(したように見えて)、再び食べ始めた。

◆20170708
はぐのうんちの大きさが少し大きくなってきたと感じたのは、3日後の朝だった。水曜晩の通院以降、少しずつ食べる量は戻っていった。大量の野菜を出してあげて、いつものように運動タイム中に半分以上食べ始めたのは昨晩だった。うんちはまだ小さく、ちょっと歪だったけれど通院前よりはかなり改善されていた。おしっこに関しては、通院から帰宅後、野菜を食べ始めた翌日からだいぶ増えていた。

きっともう大丈夫だろう。明日は心臓エコー検査の日だが、体重減少を心配して通院した先週の金曜日(0630)、食欲不振で通院した水曜日(0705)と主治医に診てもらっているので、明日は投薬治療開始後の心臓機能の確認のため、検査は予定通り行われるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

(^^)

何ででしょうね~(^^;)家も?そんなに極端じゃないけど?

たまに?食生活がずれてる時がありますね(^^;)何かが?

気に入らないのかな~とか思ってますけど?今は平気かな~

はぐちゃんも!普通にいられますように(^^)

シオンパパさんへ

今晩か明日、アップしますが、この不調?にはまさかのオチがあります(笑)うさぎって……って言うと他のうさぎさんに申し訳ないので、はぐって……に変えないといけませんね(^_^;)
私が育てたので仕方ないですが、まったく困ったうさぎです(^_^;)
でも、私にはそんなはぐが大好きだっていう弱みがあるので、最後の最後まではぐに付き合うしかありませんね(^^)
シオンちゃんも、また元気に遊んでくれるようになってよかったです!
Secre

プロフィール

へたうま

Author:へたうま
夢はうさ飼いさんが集うカフェをオープンすること。少し前まで「へたうま英国人」、今はすっかり「へたうまうさ飼い」気分の筆者が、まんまるうさぎのはぐとの日常を綴りながらも、多分、何でもかんでもうさぎに関連させて趣味に走る気がするブログ……

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR