02
1
3
6
7
8
10
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
   

今、はぐが覚えていること

呼んだら跳んでくるはぐ♪
IMG_2330_convert_20170204213642 (2)

はぐにはゲーム感覚で色んなことを教えてきましたが、実は今、最新の技を教えているところなんです。それは、犬で言うと「持って来い」?かな?いや、でもちょっと違って、うさぎの習性を生かした「持って来いもどき」なんです。正直言うと、なかなか手こずっています(^_^;)

「待て」をしているはぐ♪ その1
IMG_1766_convert_20170204213605 (2)

はぐには「食べることに対する貪欲さがそれ程無い」という前提があります。もちろん、牧草やお野菜、少量のペレットなど、日々の食事はしっかりとってくれるのですが、ウチの場合、ご褒美のおやつなどは与えず、とにかく言葉で褒めたり、ナデナデしたりと、行動で示してきたため、おやつで釣るということが出来ないのです。

そんなはぐに新技を覚えさせるには、とにかくハンドサインと会話しかありません。既に覚えているサインを応用して、はぐに興味を持たせるという方法をとるのです。

ちなみに、ウチは私一人でやっているので、訓練中の動画も写真もありません。なので、とってもつまらない記事になります。でも、これもはぐとの大切な記録になるので、勝手に残させてください(^ ^)

「待て」をしているはぐ♪ その2
IMG_1017_convert_20170204213438 (2)

そんな、おやつに釣られないはぐですが、代わりに「おやつ」という言葉はしっかり覚えてくれているので、ある程度は言葉で釣ることが出来ます。

はぐが離れた場所にいる時……「はぐ、おやつだよ~」
はぐがすぐそばにいる時……「はぐ、おやつ、食べる?」

「はぐ、おやつ、食べる?」と言った後のアピール♪
IMG_0036_convert_20170204213247 (2)

ウチの場合は、おやつをチラつかせたり、袋の音をさせたりはせず、はぐが言葉そのものに反応し、急いで私の所にやって来て、食べたいという意思を伝えてきたらあげるようにしています。それには、出来るだけはぐが理解してくれる語彙量を増やしたいというのもありますし、条件反射だけではコミュニケーションとして物足りない気がするからです。

そして新たに、最新の技では「はぐ、おやつ持ってきて」「はぐ、どのおやつがいいの?」が増えることになります。

出来れば「りんご」「パパイア」「(切り干し)大根」くらいの言葉は聞き分けて欲しいところですが、今のところ、「おやつ」以外の言葉では「りんご」に反応し、尻尾をフリフリ跳んで来るくらいでしょうか。ほとんどあげないおやつの名前を覚えさせるのは、本当に難しいのです。

「お水」「ご飯(ペレット)」「お野菜」「牧草」「ニュー葉っぱ(オーツヘイ)」は聞き分けてくれるけれど、おやつじゃないし(笑)

うさぎの多くはおやつが置いてある場所を覚えていると言います。そして、うさぎは飛び出しているものを咥えて引き出すのが得意なので、その辺りの習性を利用すれば、きっと新技も覚えてくれると思います。

まだまだ先は長そうなので、二人で楽しく、ゆっくりと練習していきたいと思います!
春のラビランの頃に、披露できたら嬉しいなぁ~(≧∇≦)
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

プロフィール

へたうま

Author:へたうま
夢はうさ飼いさんが集うカフェをオープンすること。少し前まで「へたうま英国人」、今はすっかり「へたうまうさ飼い」気分の筆者が、まんまるうさぎのはぐとの日常を綴りながらも、多分、何でもかんでもうさぎに関連させて趣味に走る気がするブログ……

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR